生産工程
社会貢献
募集要項
会社概要
お問合せ

>トップ

品種案内

繁殖能力や産肉性、肉質など、それぞれの品種の持つ長所をバランスよく引き出しております。

品種案内

衛生管理

安心・安全でおいしくいただく為に、農場の出入りや消毒の対応は厳格に行っております。

衛生管理

堆肥案内

豚ふん+籾がら等の混合物にリンゴ入り。原料自体の醗酵なので自然環境にもやさしい堆肥です。

堆肥販売

当ホームページを一括ダウンロード後プリントしてご覧頂けます。
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe(R) Reader (R) が必要です。アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

新着情報

■2016.3.8
第四回サンライス協議会を松の館で開催しました。 ■2016.3.3
合同企業説明会に参加しました。 ■2016.1.28
大学卒業予定者、面接会に参加しました。 ■2015.12.26
忘年会を津軽富士見荘にておこないました。 ■2015.11.17
ドイツに農場視察にいきました。 ■2015.9.2
木造高校生徒がインターンシップにきました。 ■2015.6.1〜6
飼料米の本契約がはじまりました。 ■2015.3.26〜27
松の館にて米農家の方々と飼料米の勉強会をおこないました。 ■2015.3.11
VIV Asua2015(畜産展示会)タイ、バンコックへ社員がいきました。 ■2015.2.23
第三回サンライス協議会をつがる市松の館で開催しました。 ■2014.12.15
バイオガス視察でドイツに行きました。 ■2014.11.18
飼料米農家と懇親会を行いました。 ■2014.10.24
弘前大学文化祭に出店しました。 ■2014.9.22
飼料米の収穫、搬入が始まりました。 ■2014.7.22
つがる市夜店祭りに参加し串焼を販売しました。 ■2014.6.23
フード台北を視察し市場調査をしました。 ■2014.3.
PEDの発生がなくなりました ■2014.2.20
残念ながらPEDが発生しました。 ■2014.1.30
コンポストを1台追加しました。 ■2013.10.4
弘前大学との共同研究が認可されました。内容は「飼料米と地域食品残渣を活用したリキッド飼料による特産豚肉生産技術の開発」 ■2013.9.25〜26
香港バイヤーが弊社に視察に来られ試食をしてもらい好評でした。 ■2013.9.17
弊社のひまわり畑がRABに放送されました。 ■2013.9.13
鶴田町交番の方々との交流会が生松製材所でおこなわれ豚肉27kgを協賛しました。 ■2013.8.9
鶴田町相撲応援会が生松製材所でおこなわれ豚肉35kgを協賛しました。 ■2013.7.28
鶴田町町民運動会に豚肉150kgを協賛しました。 ■2013.7.27
弘前市、サンタハウス弘前納涼会に豚肉20kgを協賛しました。あいにくの天気でしたがお年寄りによろこんでいただきました。 ■2013.7.24
青森銀行鶴田支店納涼会に豚肉10kgを協賛しました。 ■2013.7.22〜23
つがる市中心商店街「三新田まつり」につがる豚180kgを協賛しました。小雨が降るなか、串焼きの販売とパック詰め豚肉の振る舞いが、大盛況のうち、終了時間前に完売しました。 ■2013.7.14
鶴田町下山プロパン様主催のゴルフコンペに豚肉15kgを協賛しました。 ■2013.7.9
つがる市菰槌集落の鹿島神者宵宮へつがる豚を協賛しました。 ■2013.7.8
太陽光発電がやっと連係ができ、売電が開始されました。 ■2013.7.1
ナクア白神(旧鰺ヶ沢プリンスホテル)にて、つがる豚がメニュー加わりました。 ■2013.6.18〜28
つがる市学校給食につがる豚を協賛しました。 ■2013.4.25
五能線、木造駅前の神武食堂(つがる百年食堂)で昨年から、つがる豚を使用しています。 ■2012.12.11〜14
つがる市教育委員会に「つがる豚」を提供しました。
●12月11日、向陽小学校、穂波小学校、瑞穂小学校、木造中学校、稲垣給食センターに提供。
●12月12日、柏小学校、柏中学校に提供。
●12月13日、森田給食センターに提供。
●12月14日、車力給食センターに提供。
■2012.12.1
弘前市で第58回子どもを守る文化会議が開催され交流会につがる豚を協賛しました。
■2012.11.11
つがる市、"あるびよん"にて3周年記念セールが開催され、木村牧場では、「つがる豚」の協賛しました。 ■2012.11.6
11、12号舎(肥育舎)の屋根に太陽光発電システムを導入することを決定。
331.92kwでパネルはドイツから輸入し補助金なしで稼動予定である。JA三井リース、日の出物産、三和電工、モラー社(ドイツ)の協力で採用された。12月末完成予定。
■2012.10.27
自家配合施設(飼料製造工場)が完成しました。
近隣からの飼料米や、丸粒トウモロコシを使用した製造を行うことができるようになりました。(8時間稼働で月間1000t製造可能)
■2012.10.12
12号舎(新肥育舎)が完成し2000頭収容可能となりました。
新肥育舎は、リキッドフィードシステムを採用し、排気は脱臭装置を採用しエコと環境に配慮した構造となっている。
■2012.9.18
9、10号舎(肥育舎)の給餌システムをリッキドフィードに改造し900、900頭の1800頭分がリキッド化しました。 ■2012.9.6
当社敷地にてひまわりが咲きほこりRABニュースにて放映。 ■2012.7.23
PDFのダウンロードに中国語版を追加しました。 ■2011.3.22
株式会社 木村牧場のホームページをオープン!

株式会社 木村牧場 青森県つがる市木造町丸山竹鼻118-5 農場:TEL.0173-26-4177

Copyright(C)2010 Kimura Farm All Rights Reserved.