株式会社木村牧場

1965年創業、
青森県津軽地方の清らかな環境のもと、
年間3万頭の豚を国内外に出荷しています。

木村牧場は現会長である木村一味が1965年に創業、2010年3月に(有)木村畜産から現在の木村牧場になりました。養豚を中心として、飼料用米、再生可能エネルギー、精肉販売の4本の柱で営業しており、養豚は昭和40年に鶴田町での1頭からはじまり、現在つがる市にて13,000頭を育てています。つがる豚という商標は日本、中国で取得しており、今後さらに日本産の豚肉が海外のお客様からの引き合いが増すと想定されたため、JGAP・HACCPを取得しました。

木村牧場について

JGAP HACCP
空から見た木村牧場
つがる豚
木村牧場スタッフ一同

事業内容
business

養豚

養豚
pig farming

年間3万~3万3千頭の食肉用豚を出荷。自然環境にも豚にも優しい新養豚システム「リキッドフィーディングシステム」を導入しています。

養豚について

飼料用米

飼料用米
feed rice

津軽の米づくりを応援するため、地元農家と契約し飼料用米を栽培してもらいそのお米を豚のエサに使用しています。

飼料用米について

堆肥

堆肥
compost

つがる豚のふんに保温・保水効果に優れた籾がらなどの混合物にりんごを加え発酵・熟成。安心・安全な堆肥づくりを行っています。

堆肥について

再生エネルギー

再生エネルギー
renewable energy

先進国から輸入した太陽光パネルを豚舎の屋根に設置。つがる市の地形を活かしたクリーンエネルギーを社会に供給する取り組みを行っています。

再生エネルギーについて

つがる豚

津軽の米を食べて育った「つがる豚」。

変化に富んだ四季の彩り、清らかで豊かな水。まさに日本の心の原風景ともいえる津軽地方でつがる豚は育ちます。保湿性が高くやわらかな肉質、脂の繊細な甘みなど日本人好みの豚肉です。

つがる豚とは

information
新着情報

メニュー